アライグマは凶暴なので見つけたら駆除を早めに済ませておこう

専門の知識や技術を用いた駆除法でアライグマと決別

アライグマは凶暴なので見つけたら駆除を早めに済ませておこう

アライグマ

可愛らしいイメージを覆す

小動物のような可愛らしさを持つアライグマですが、実は攻撃的な面も持っているという特徴もあります。また、民家に住み着いて生活をしますが、放っておくと糞尿被害やペットや赤ちゃんへの攻撃が懸念されるので、困った事態にならないためにも見かけたら駆除を進めておくことが必要です。なお、家の外へ追い出し、再び住み着かないための対策であるため、殺処分といったことはありません。

生活拠点を特定し対策を進める

アライグマは小柄であるため、小さな隙間でもスッと通り抜けることができます。民家に住み着かれる原因といったら、家の中に侵入しやすいルートがあることでしょう。駆除の効果を高めるためにも生活拠点を知り、そこへ侵入しないために入り口を塞ぐ、アライグマが好まない環境に変えるといった対策が進められます。

いつの間にか個体数が増加

繁殖期を迎えてしまえば、個体数は増えて、その分被害も拡大していきます。また、集団生活をしていることで人間への警戒心が薄くなってしまうこともあります。そうなるとアライグマを見かける機会は増えるでしょう。さらに駆除の手間も掛かってしまうので、特に夫婦のようなアライグマを見つけたら注意をしておく必要があります。

アライグマが好きな環境を知ろう

暗く涼しい場所

民家に住み着く動物は、人目につかないところを選び生活をしていきます。そうなると選ばれるのは暗い場所であり、床下や天井裏のような涼しいところであると格好の環境と捉えられるでしょう。業者ではそちらを中心に調査を進めていきます。

食料が調達できるかどうか

生きるためにはもちろん食べ物は欠かせません。アライグマは器用であるため、袋に包まれた食べ物でも取り出して食べてしまいます。また、食べ物が無駄になってしまうだけでなく、周辺の掃除が必要になってくるという点でも問題があります。

泳いだり木登りができたりできる環境

アライグマは水辺や森林でも生活ができる生き物です。その近辺に民家があればアライグマにとって都合の良い環境となります。自宅を標的にされないためにも、屋根裏や床下に侵入されないための対策がより重視されていきます。なお、最近では都心で生活をするアライグマもいるので、環境の適用力が強いとも一部で言われています。

肉食動物がいないところ

アライグマの死亡原因で特に多いのが肉食動物による捕食です。他にも狩猟や交通事故が挙げられますが、民家に住んでしまえばこのような事態とは無縁になります。肉食動物に食べられてしまうことが多いと紹介しましたが、アライグマも色んなものを食べます。ペットの小動物や魚を食べ、他にもとうもろこしや木の実もまんべんなく食べていきます。

農作物が栽培されている場所

民家に限らず、餌が豊富な畑に住み着かれるという場合もあります。そのため、畑で駆除を行なうとなると、アライグマが近づきにくい対策が求められるでしょう。柵やテントを設置したり、捕獲をするための罠を置いておいたりなど様々な方法があります。複数の対策によってアライグマを追い返すことができますが、その分生態に関する知識も求められるでしょう。